image03

美術館のアルバイトで働いたことがあるので

美術館のアルバイトで働いたことがあるので、体験談をお伝えします。 このアルバイトの大事な所はできるだけ他の人に目をやるということです。 単純そうでも、色んな種類の作業があるのがこのアルバイトの性質です。 仕事が増えると目の前の仕事だけでもこなせなくなるところですが、そうなる前に、落ち着いて深呼吸しないといけません。 まずは一拍置いて、周りの人の仕事を見て、どの順で仕事を片付けるか、重要度を設定します。そして何よりもお互いにこまめに声を掛け合い協力しあうのが最も肝心ですよね。

イメージ 応募候補のアルバイトが見つかったら、どうすればいいか悩んでいませんか。 初めに見ておくのがそのアルバイトの募集要件です。 その中に応募のために何がいるか分かるはずです。 また、問い合わせは電話で良いのか、HPからなのか、採用担当がいるのか、押さえておきましょう。 通常は、電話連絡をして面接の予定を決め、履歴書を送るか、自分で持って面接するフローです。 応募のやり方で不明点が出てきたら、そのアルバイト先に質問してから応募するのが良いでしょう。

アルバイト先までの通勤距離は短い方が良いのが一般的ですね。 移動時間が短いと自分も効率的ですし、会社にとっても長所があります。 通勤費用を支給してくれる場合は勿論ですが、急な人手不足でアルバイトを呼びたい時にすぐ自宅からやって来られるので都合が良いのです。 さらに、通勤距離が少ない方が道中の事故や台風トラブルなどの影響を受けることが減らせるので雇い主としては不安材料を減らせます。 アルバイターと雇い主の双方共に都合が良いですね。

アルバイト期間が短期の場合は採用は難しいのでしょうか? 当たり前ですが、なるべく長く働ける人はアルバイト先のOJTの負担が削減されるので重宝されます。 ですが、先のことはどんな人にも予想できません。 急遽学業の都合でアルバイトを転職しなければならない人もよくいますし、経営の都合でアルバイト先が遠くに移転することも考えられることです。 ですので、アルバイトに応募する時は期間のことで考えすぎず、できる限り長期間、責任を持ってアルバイトする心づもりでいるのがおすすめです。

更新情報